« ブログ開設 | トップページ | これから起こりうる恐怖 »

2008年1月13日 (日)

2006年 私の10作品

ブログ開設記念...というのは言いすぎだが、
私が選んだ邦楽アルバムの年度別の最優秀作品とベスト10入りの他の9作品を、シリーズとして立ち上げておく。
最初は、2006年。

最優秀作品
Perfume「Perfume~Complete Best~」

ベスト10入り作品
Every Little Thing「Crispy Park」
Ellegarden「Eleven Fire Crackers」
小沢健二「Ecology Of Every Life 毎日の環境学」
スガシカオ「Parade」
曽我部恵一「Love City」
Dreams Come True「Love Rocks」
中島みゆき「ララバイSinger」
松任谷由実「A Girl In Summer」
山田タマル「回廊」

全体的にレヴェルが高かったのではないかと思う。
ヴェテラン・中軸勢がいい仕事をしてくれた中、
何と言っても、広島が...そして中田ヤスタカが世に送り出したPerfumeが素晴らしい。

今週ついに、真価が問われる新曲がリリースされるが、
それよりも2ndアルバムのリリースが、本当に待ち遠しい。

|

« ブログ開設 | トップページ | これから起こりうる恐怖 »

アルバム採点(Archive)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/521383/9860496

この記事へのトラックバック一覧です: 2006年 私の10作品:

« ブログ開設 | トップページ | これから起こりうる恐怖 »