« 速報 | トップページ | 変わるヒロシマ »

2008年2月 9日 (土)

苦労と補正と戦略と...

2月11日付のウィークリー・シングル・チャートは青山テルマ Feat.SoulJaが1位。
ただ今回も、1位のセールスが5万枚を切っている。今年に入ってから既に4回目である。
2位は中川翔子で、自己最高位。だがセールスは前作を下回った。
9位のThe Pillowsは、デビュー18年目にして初めての10入り。地道に活動をした甲斐があった。本当におめでとう。
ただ1万枚をちょっと上回っただけで10入り。本当にブレイクしたのかどうか疑問である。
デイリーでは、1位はKat-Tunで文句無し。2位もゆずで確定だろう。
Buono!がヘンな動きをしている。初日3位で翌日には9位に急降下、その後は8→4と再浮上している。
これはやはりアレだな(笑)。ハロプロのファンって怖いな。
我らが「新居浜の至宝」水樹奈々も、初日は6位ながらも、5→6→8と、なんとか粘っている。ただ土日が問題だな。
頼むからBuono!に負けるのは勘弁して。(笑)
木村カエラは、相変わらずシングルに弱い。4月2日の新作は1位獲れるかが不安である。
甲状腺を全摘出し、オーディションに合格。39歳でデビューを果たした木山裕策が16→11→11→9と予想外の大健闘だ。
日本人ってこういう人間物語に弱いな。

アルバムは倖田來未が1位。ちなみに現在、デイリーでは11日連続で1位。あの発言が影響しているのかどうかは不明。
Chemistryが初動で5万枚切ったのに加えて、1ヶ月以上チャートの上位に居座っているコブクロにまで負けてしまった。
それにしてもこんな時代に長い間上位に居座っているコブクロも凄いな。
エレファントカシマシが7位。ベスト10入りって本当に久しぶりだな。The Pillowsと同じく、地道に活動した甲斐があったな。
堀江由衣が見事に8位に入った。7→7→12→18→18→圏外だったのに。
しかも5→5→9→9→12→14だったエレカシとのセールス差がほんの僅かである。
アニメショップの補正がかなりあっただろう。となれば、水樹はベスト5入りできるかな。
オリコン1位の経験があるLenny Kravitzは結局10位に終わった。逆に今回がラスト作のSyrup 16gが13位と有終の美を飾った。
デイリーでは、強力な面子が揃ったシングルとは逆にあまり力の無い面子ばかりだ。
買おうかと思っていたBrahmanは、3→3→5→5という結果。ベスト3入りはどうかな。
吉澤ひとみ率いる音楽ガッタスは、7→20→圏外→圏外という結果。さすがにこっちはBuono!みたいなアレは無かったな。

|

« 速報 | トップページ | 変わるヒロシマ »

ヒットチャート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/521383/10368974

この記事へのトラックバック一覧です: 苦労と補正と戦略と...:

« 速報 | トップページ | 変わるヒロシマ »