« 久々の広島市内 | トップページ | 先週のオリコン・デイリー・チャート »

2008年3月30日 (日)

3月31日付のオリコン・ウィークリー・チャート

シングルは2週目の安室奈美恵が1位。意外なことに、シングル1位は産休明け初作以来9年3ヶ月振りとのこと。
ちなみに9年3ヶ月前に安室が1位を獲得した週のチャートの2位にはSomething Else「ラスト・チャンス」が初登場でランク・イン。
「初登場20位以内に入らないと解散」と、メディアが強く煽った結果、この快挙...というか、暴挙。
あの時は怒りを感じたな。サムエルには責められなかったが。
2位にはThe Alfee。これもまた久々(16年振り)の2位である。
4位には「炎神戦隊ゴーオンジャー」が、10位には藤木一恵(小西真奈美)が入った。
7・8・9位が演歌・歌謡曲(すぎもとまさと、関ジャニ∞、ジェロ)。3組もベスト10内に入るのは久しぶりではないのか?
正直言って、もう滅茶苦茶だな。こんなチャートだと真面目な音楽ファンに笑われてしまう。

アルバムは1位はお約束の宇多田ヒカル。初動は48万枚。
前作が50万枚ということを考えると、売れた方じゃないのかと思う。ただ前々作が200万越えていたので、依然不振であることは変わりない。というか、3rdまでが売れすぎたのでは?
Krevaのベスト盤が伸びなかった。初動がオリジナル3作を下回り、4位に終わった。
日曜付まで10圏内に入った中川翔子が5位。セールスは3万枚台。まぁ、こんなもんだろう。
デイリーでは奇妙な動きをしていた谷村新司は、10入りできずに終わった。
キリンジは15位。まずまずの結果だ。だが個人的に注目していた2組が大コケした(Suemitsu & The Suemith = 62位、Tokyo No.1 Soul Set = 74位)のは痛い。

|

« 久々の広島市内 | トップページ | 先週のオリコン・デイリー・チャート »

ヒットチャート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/521383/11976532

この記事へのトラックバック一覧です: 3月31日付のオリコン・ウィークリー・チャート:

« 久々の広島市内 | トップページ | 先週のオリコン・デイリー・チャート »