« 雑記 2008年11月29日号 | トップページ | J2第44節 熊本 V.S. 広島 »

2008年11月30日 (日)

12月01日付のオリコン・ウィークリー・チャート

シングル・チャート。
今週のチャートで1位の最有力候補だったPerfumeが大敗で2位。初動は71,000枚で、前作より10,000枚もダウンしてしまった。伸びなかった原因はタイアップが付かなかった事らしい。
それにしてもレトロ・アニメ「機動戦士ガンダムOO」のオープニング・テーマに負けてしまうなんて、本当に悔しい。1位を獲得したUverworldは、自身初の1位。初動の119,000枚は自己最高だとか。
ガンダムOO関連は11位に吉野裕行 Come Across アレルヤ・ハプティズムが入った。ガンダムOOのキャラソンでは最高の成績だそうな。
Girl Next Doorがまた3位に入った。初動は前作より微増の21,000枚。コレってやはりエイベックスが買い占めたんだね。紅白にも強行出場させやがるしね。本当に必死だな。
今週は5位以下が15,000枚割れという、低レヴェルのランキングになってしまった。5位にアイドリング!!!が初のベスト5入り。タイトルが「「職業:アイドル」」って...あンたらなぁ...(汗)
7位に銀杏Boyzが入った。3作連続のベスト10入りだが、初動はガタ落ち。んで、新アルバムはいつ出すの?
秋元順子が先週の36位から一気に14位に浮上してきた。紅白出場が決まったことだし、来週にはベスト10入りが濃厚だ。
20位にはキマグレンが入った。初動は5,000枚近くで前作を下回った。ブレイクした頃の勢いが感じられないなぁ...コレで紅白出場させてもいいの?

アルバム・チャート。
Newsがお約束の1位。初動は180,000枚で、最新シングルの初動を下回った。アイドルの作品ってこんな感じなんだなぁ。
Flumpoolが大確変を起こして初動で111,000枚を記録して2位に入った。ここまで売れるとなると、聴かずにはいられない。でもあのジャケットは反則だな。
土曜リリースのため、3日遅れでデイリー・ランキングに初登場したGuns N' Rosesが3位に入った。17年ぶりの新作となった『Chinese Democracy』だが...
・かなり前にタイトルだけ発表
・総制作費14億円
・中国共産党が機関紙で「中国への悪質な攻撃」などとアルバムを痛烈に批判

...コレは聴きたいなぁ。
苦戦が予想された槇原敬之が5位に、大躍進が予想されたCapsuleが6位に終わった。どっちも惨敗だ。あと7位のChemistryも惨敗だったな。
ベスト10圏外ではリュ・シウォンのバラード・ベストが11位。Mihimaru GTのミニ・アルバムが16位だ。この2組の惨敗は意外だったな。
稲垣潤一の14位って、激汗モノだ。ベスト20入りは13年ぶりだとか。ちなみに今回はデュエット・カヴァー盤で、松浦亜弥、大貫妙子、中森明菜がデュエットで参加。
21位のStardust Revueもカヴァー盤だ。稲垣もスタレビも売るためなら何でもアリなんだな。やめてくれー!
真心ブラザーズの新作が30位に、Kanのライヴ盤が42位に入って、46位に個人的に大プッシュしているThe Telephonesのミニ・アルバムが入って、自己最高位を大幅に更新!コレは本当に嬉しいね。
タワーレコード広島店ではThe Telephonesのコーナーを設けてくれたね。ここまできたら、ブレイク間近だな。楽しみだ。

音楽DVDチャート。
1位獲得を期待していた中島みゆきの「夜会」DVDが2位に終わった。初動は5,000本近くだったらしい。ライヴDVDが2枚本超えしたことを考えると、大惨敗だ。夜会だとこの数字なのかね?
Arctic MonkeysのライヴDVDが7位。初動は知らん(笑)。あと、八戸市議会議員の藤川優里が総合DVDチャート41位で2,300枚も売れたとか。まさかArctic Monkeysが藤川より下じゃないだろうね?

来週はAcid Black Cherry戸松遥の各新曲、茅原実里の新作、Salyuのベスト盤に注目。

|

« 雑記 2008年11月29日号 | トップページ | J2第44節 熊本 V.S. 広島 »

ヒットチャート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/521383/25778904

この記事へのトラックバック一覧です: 12月01日付のオリコン・ウィークリー・チャート:

« 雑記 2008年11月29日号 | トップページ | J2第44節 熊本 V.S. 広島 »