« 雑記 2009年03月21日号 | トップページ | J1第3節 鹿島 V.S. 広島 »

2009年3月22日 (日)

03月23日付 オリコン・ウィークリー・チャート

シングル・チャート。
1位はKat-Tun。初動は323,000枚で、3作ぶりの30万枚超え。序盤はペースが鈍ったものの、金曜日から指定店舗で通常版を購入すると先着でポスターがもらえるというキャンペーンが行われたため、ペースが再び上がったとか。ジャニーズは売上アップのためなら手段を選ばないんだな。あぁ恐ろしや恐ろしや。
2位は上地雄輔。初動が「ヘキサゴン」関連シングル全ての作品を上回る219,000枚だって。歌手として高い評価を得ていないのにバカ売れするなんて、真面目な音楽ファンから見たら腹立たしいことだ。
3位は東方神起。初動は75,000枚で前作より大きく下げてしまった。アルバム・リリース直前だから買い控えが出たんじゃないの?
4位はGreeeen。5位は2週目の嵐で共に6万枚台。5位で6万枚台って今週のチャートはレヴェルが高いんだな。
6位は金曜リリースのVamps。前作より順位と売上が大きくダウン。水曜リリースならもう少し上がっていたかも。
7位は2週目のランク・インとなったAKB48。2週目も連日握手会を行ったそうな。ちなみにこの握手会は20・21・29日にも予定されているとか。握手会を何回もやるとかなりの効果が出るんだなぁ...(汗)
8位はそのAKB48に負けてしまったBerryz工房。イヴェント効果で初動が前作より2,000枚アップ。ひょっとしたらハロプロ連中もAKB48のような大胆なコトをやらかすかもしれないなぁ...
個人的に注目していた中島愛は18位、Polysicsは44位に終わった。中島愛の新曲は何と昼ドラのテーマ・ソングだそうな。声優ソングがドラマのタイアップになるなんて異例だ。水樹奈々や平野綾もドラマのテーマ・ソングに採用される日が近いかも。

アルバム・チャート。
アルバムもレヴェルが高いチャートになった。1位がレミオロメンのベスト盤で、2位がRadwimpsの新作。共に初動が20万枚超えだ。特にRadwimpsはここ1年以上リリースが無いのに、それに豪華な特典が無いのにこの数字だ。コレでもうビック・ネームの仲間入りだな。
1位争いの有力候補だったUtada(宇多田ヒカル)は結局大コケで3位。初動がたった78,000枚かよ...土曜リリースだということを差し引いても酷い落ちっぷりだな。
4位にAqoa Timez、7位にThe Gospellers、10位にChemistryが入った。3組とも聴かないや。
20位に声優の宮野真守が入った。初動は6,600枚。思ったほど伸びなかったなぁ...せめて18位の久住小春には勝って欲しかったなぁ...

音楽DVDチャート。
1位は椎名林檎のライヴDVD。初動は41,000本でなんとか244 Endli-x(堂本剛)を下したぞ。ただジャニーズのDVDで初動が32,000本って少ないように思うのだが...
Every Little ThingのライヴDVDは結局7位。初動は3,600本で、昨年9月にリリースされた前作の6割しか無い。これだけ売れないとなると今後はDVDリリースじゃなくTVでオン・エアという形になるかもしれないなぁ...

次回のチャートは安室奈美恵100sたむらぱんの各新曲、ミドリの1st Single、Dreams Come True角松敏生の各新作、UnicornGanga Zumbaの各ベスト盤、初DVD化された氷室京介のライヴ映像作品5タイトルに期待。

|

« 雑記 2009年03月21日号 | トップページ | J1第3節 鹿島 V.S. 広島 »

ヒットチャート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/521383/28692606

この記事へのトラックバック一覧です: 03月23日付 オリコン・ウィークリー・チャート:

« 雑記 2009年03月21日号 | トップページ | J1第3節 鹿島 V.S. 広島 »