« 国家が破産する日(2018) | トップページ | <片隅>たちと生きる 監督・片渕須直の仕事(2019) »

2020年1月 8日 (水)

カツベン!(2019)

★★★★★★☆☆☆☆ 良作

 

コミカル・シーンは良くできていた。活動弁士の喋り方も良かったのではないか。ただ、周防正行監督の前作『舞妓はレディ』同様、ちぐはぐした作りだった。

 

|

« 国家が破産する日(2018) | トップページ | <片隅>たちと生きる 監督・片渕須直の仕事(2019) »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 国家が破産する日(2018) | トップページ | <片隅>たちと生きる 監督・片渕須直の仕事(2019) »