« 初恋(2019―日本) | トップページ | 星屑の町(2020―日本) »

2020年3月 9日 (月)

劇場版 SHIROBAKO(2020―日本)

★★★★★★★★☆☆ 名作

 

TVシリーズから4年後、オリジナル・アニメの大失敗でスタッフが離散し、下請けで食い繋いでいるアニメ・スタジオの再起の物語。TVシリーズの頃から、一部から「アニメーションの制作現場は、実はもっと酷い」なんて言われてるのだが、実写でやってるんじゃなく、それにフィクションなんだから、あーだこーだ言ったらキリがない。とは言っても、離散したかつての仲間達が再集結して同じアニメーションを制作するというのは、なんだか無理があるとは思うんだけど、オール・スター再集合という事で劇場版らしく仕上がっている。失敗と堕落を経て、そこから這い上がる。中盤で子供達にアニメーション制作について実演させたり、自分達の作った作品について、本当に満足しているのかと自問自答した後に、「本当に満足する作品」作りの為に納期ギリギリで一部を作り直すラストは、本当に印象的。これはアニメに携わる全ての人のメッセージではないかと思う。アニメーション関係者や映画関係者だけじゃなく、働いている全ての人に観て頂きたい。

 

 

|

« 初恋(2019―日本) | トップページ | 星屑の町(2020―日本) »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初恋(2019―日本) | トップページ | 星屑の町(2020―日本) »